中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

シェムリアップアンコールFC!本田圭佑がカンボジア代表を育成!

   

日本代表の本田圭佑選手が、
カンボジアリーグのクラブ経営に
乗り出すそうです。


スポンサードリンク

本田圭佑選手といえば、
イタリアのACミランに所属する
現役選手ですが、

オーストリア2部リーグのSVホルンの
オーナーでもあります。

ACミランでは、今ひとつ成績が
残せていないようですが

本田圭佑選手のお金の使い方は、
超一流ですね。

社会貢献なのかも知れませんが、
カンボジアで優秀なサッカー選手が
育てば、

日本にも良い影響が出ると思います。

親日のカンボジアなので、
日本から観戦ツアーが組まれると

経済的にも良い効果が
出るのではないでしょうか?

シェムリアップ・アンコールFC

カンボジアといえば、
アンコールワットぐらいしか
思いつきませんが、

先日、子どもが学校の研修旅行で
ベトナムとカンボジアに行っていた
こともあり、

シェムリアップとプノンペンぐらいの
都市の名前はわかります。

本田圭佑選手が経営権を取得するのは、
世界遺産のアンコールワットがある

シェムリアップに本拠地を置く、
アンコールFCということです。

シェムリアップの場所は、ココです。

カンボジアの北の方ですね。


スポンサードリンク

12月でも30度ぐらいの気温で
蒸し暑いらしいです。

本田圭佑選手は、シェムリアップ市内を
視察したそうですが、
どんな印象なんでしょうね?

うちの子は、シェムリアップにある
シティアンコールホテルに泊まった
ようですが

お風呂のシャワーから濁った水が
出てきたと文句を言っていました。

海外なら普通だと思います。

日本でも赤サビの水が出てくるなんて
よくある事ですよね。

まだ、シェムリアップは、
アンコールワットという観光資源が
あるので、

ホテルなどもしっかりしている方だと
思います。

日本人観光客は、
ほとんど見かけないようですが、

本田圭佑選手のアンコールFC買収を
きっかけに、日本人観光客が増えると
いいですね。

カンボジア王国

カンボジアは東南アジアの国で、
西はタイ、北はラオス、東はベトナムを
国境を接しています。

人口は1513万人で、
面積は18万平方キロメートルです。

現在の国王は、2004年10月に
即位したノロドム・シハモニ国王です。

主な産業は農業、漁業、林業などの
第一次産業です。

1953年に独立しますが、
その後、内戦があり、
国の発展が止まっていました。

最近は経済成長が著しく、
主に繊維製品の輸出を中心とした
製造業で発展しています。

そういえば、
お笑い芸人の猫ひろしさんは
カンボジアの国籍を取得して

リオデジャネイロ五輪の
マラソンのカンボジア代表で
出場していましたね。

日本企業の進出も盛んなようですね。

プノンペンにイオンがあるみたいですが
日本と全く一緒だったと、
子どもが言っていました。

それに、お店の中は人が多くて
賑やかだったそうです。

富裕層が増えているのでしょうね。

徐々に、国民の所得が増えていけば、
娯楽が必要になってくるはずです。


スポンサードリンク


 - スポーツ