中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

比留間英人(元市場長)wiki風プロフィール!都幹部の評判は?

   

豊洲の問題で、石原元都知事と
比留間元市場長の間で
発言が食い違いを見せています。


スポンサードリンク

都庁トップの都知事と
都のエリート職員の
責任の押し付け合いが始まっていますが、

豊洲移転の計画を立案した
張本人のプロフィールを
確認してみたいと思います。

比留間英人さんの経歴

%e6%af%94%e7%95%99%e9%96%93%e8%8b%b1%e4%ba%ba

比留間英人(ひるまひでと)さんの
経歴の一部を見てみましょう。

生年月日は、1951(昭和26)年5月16日

出身大学は、東京教育大学文学部卒業

今の筑波大学ですね。

移転直前に卒業しているみたいです。

1975年、入都
1988年、教育庁副主幹(コンピューター教育開発センター派遣)
1990年、総務局副主幹(調査研究)
1993年、教育庁人事部勤労課長
1995年、教育庁総務部企画室予算担当課長(統括課長)
2001年、教育庁参事(人権・企画担当)
2001年、教育庁学務部長
2003年、教育庁総務部長
2005年、教育庁次長(中央図書館長事務取扱)

2006年、中央卸売市場長

2009年、東京都港湾局長
2010年、東京都総務局長
2011年、株式会社東京臨海ホールディングス代表取締役社長
2011年、東京港埠頭株式会社代表取締役社長(兼務)
2012年、東京都教育長
2015年、東京地下鉄株式会社代表取締役副会長

卸売市場長になるまでは、
教育関係の部署がほとんどですね。

市場のことなんて
全くの素人といえます。

こんな素人に、築地から豊洲への
移転問題を任せていたのですね。


スポンサードリンク

1997年以降、毎年のように
人事異動していますが、
幹部人事って、こんなものでしょうか?

市場長と教育長は3年勤めていますが、
他は、役立たずで使い物にならなかったと
言うことでしょうか?

天下りの典型ですね。

1年在籍していただけで、
退職金をたくさん貰っているんでしょうね。

豊洲の移転を成功させれば、
副都知事とも言われていた人材だけに、

石原元都知事が居なくなった後も、
都庁や東京都の関連企業で
ポストを用意してもらっているんですね。

豊洲の問題は解決するのか?

元々、豊洲の埋立地は、
東京ガスの工場跡地で、

有害物質で土壌や地下水が汚染されているのが
わかっていたことです。

そこに、築地市場を移転させようと
言い出したのは誰なんでしょう?

土壌汚染対策を実施して、
市場を移転しても大丈夫と判断した人は
誰なんでしょう?

土壌汚染対策が完了した時に、
東京都の議員は
誰も現地を確認しなかったのですね。

行政の監視役として
議会が機能していないのが
よくわかります。

行政を信頼していたのかも知れませんが、
議会としての見せ場を失いましたね。

今ごろになって、
「地下水が」
なんて言っているぐらいなら、

工事完了の時に、
「あそこに穴が開いてるのはなぜ?」
と言って欲しかったですね。

海外への意味のない視察には
こぞって出かけていくくせに、

ちょっと足を伸ばせばいける
豊洲には、誰も行っていなかったのは、
ただの怠慢としか言えませんね。

議員ってそんなものなんでしょうね。

豊洲問題を追及しているのなら、
1人ぐらい見に行っていてもよかったと思うのですが、
確認はしないんですね。

当事者にしてみても、
上に建物が出来てしまえば、
バレないと思っていたのでしょう。

今さら問題にしやがって、と
思っている人はたくさんいるのでしょうね。


スポンサードリンク

 - 報道