中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

夏コンよりも高校野球!熊本の秀岳館に大阪出身選手が多い理由は?

   

第98回全国高校野球選手権で、
ベスト4に進出した
熊本の秀岳館高校ですが、

甲子園のスタンドで応援している
吹奏楽部の部員たちは、

自分たちのコンテストを犠牲にして
応援に駆け付けているそうです。

秀岳館高校の吹奏楽部は、
部員21名と小規模ながら、

3年連続で
南九州小編成吹奏楽コンテストに
出場しているそうです。


スポンサードリンク

今年も4年連続の出場をかけて、
県予選に出場しましたが、
直前に野球部の甲子園出場が決まり、

南九州大会には日程が重なるため、
県予選で上位に入賞しても、

南九州大会は出場辞退すると
主催者に申し入れ、
県予選に出場したそうです。

訳のわからないことをさせますね。

表向き、吹奏楽部の部員たちが
自分たちで決め、吹奏楽部の顧問に
伝えたことになっているそうですが、

学校側からの圧力があったことは、
ミエミエですね。

吹奏楽部の部員にしてみれば、
今まで努力してきたのは、
自分たちのコンテストのためで、

野球部の応援のためではないはずです。

野球部の応援は、片手間とまでいいませんが、
優先度としては、自分たちの夏コンの次のはずです。

いくら学校が野球部に力を入れて
学校をPRしているとはいえ、
生徒たちには関係のない話です。

野球部を応援したいのなら、
他の学校に頼むとか、

OBをかき集めるとかすれば
良かったはずなのに、

夏コンを辞退させるなんて、
訳がわかりません。


スポンサードリンク

秀岳館高校は野球に力を入れている

秀岳館高校は、熊本県八代市にある
私立の高等学校です。

野球部の監督は、2014年から
鍛治舎巧(かじしゃたくみ)さんです。

鍛治舎巧

鍛治舎監督は、県岐商を卒業後、
早大、松下電器で野球選手として活躍し、
その後、松下電器の監督になります。

パナソニックでは専務にまでなったので、
野球だけでなく、仕事もできたのでしょうね。

少年野球「枚方ボーイズ」の監督もしていて、
現在、秀岳館高校に
枚方ボーイズ出身の選手が多いのも、

鍛治舎監督を慕って、
付いてきた選手が多かったのでしょうね。

鍛治舎監督を熊本まで連れてきた時点で、
学校側の力の入れようがわかります。

どうしても、野球の強豪校に
なりたかったのでしょうね。

それぐらいしないと、
少子化の時代ですから、
学校が生き残れないのでしょうね。

野球で有名になっても、
そんなに生徒が集まるとは思えませんが、

全国的に、高校の名前が有名になるのは、
間違いないでしょうね。

吹奏楽のコンテストでも、
全国的に有名になれますが、
そちらの道は選ばなかったということでしょう。

残念ですね。

野球よりも吹奏楽の方が、
下に見られていた訳ですね。

高校生の部活に、上も下もないと思いますが、
よその部活の応援のために、
自分の部活のコンクールをあきらめさせるなんて、

私だったらグレますね。


スポンサードリンク

 - スポーツ