中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

元・根性無しの戦い(第22話)ハイキュー!コミック20巻発売!

      2016/03/08

ハイキュー!!第22話は、
「元・根性無しの戦い」

コミックの16巻ぐらいですね。

青葉城西戦で1セット目を先取した
烏野ですが、

2セット目は青葉城西が
先に20点をとられ、
点差がひらいていきます。


スポンサードリンク

そこで登場するのが、
ピンチサーバーの山口。

IH予選の青葉城西戦、
春高予選の和久谷南戦、

どちらもピンチの時に登場し、
結果が残せなかった山口が
三度目の正直です。

観客にまで
「ビビリサーバー」

と呼ばれる山口ですが、
ここで男を見せます。

結果、2セット目は
青葉城西に取られてしまうのですが、
山口の活躍でデュースに持ち込みます。

一方的な青葉城西のペースのまま
第2セットをとられる訳でなく、

チームの雰囲気も良い状態で
第3セットに入っていくのは
大きいでしょう。

2セット目終わりに、
西谷と田中が山口に
声をかけるシーンがあるのですが、

第22話の中で
私が一番好きなシーンです

ナイスサーブと褒められる山口は、
「半分ぐらいしか良いの打てなかったし」
と返事をします。

それに対し田中は、
「じゃあ、良かった方の半分を
 盛大に喜べ!!」

まだ、試合は終わっていません。

後悔は、終わってからで、
今は良かった事だけに注目して、

「そんで、次もやってくれ!」

試合は、まだ続きます。

ここで委縮させない
先輩の言葉は心強い限りです。

青葉城西戦で最も成長したのは、
山口かもしれません。

ビビリサーバーだった山口ですが、
「元」根性無しとなりました。

コミック20巻

コミックの20巻が
3月4日に発売されました。

20巻は、春高県予選決勝で
対白鳥沢戦の4セット目から
5セット目にかけての話です。

決勝戦は5セットマッチなんですね。


スポンサードリンク

白鳥沢戦では、
月島が覚醒していきます。

中でも、月島が5セット目に
怪我をしてコートから
下げられてしまいます。

その時の今までにない月島の
悔しそうな顔が印象的です。

いつも冷めた感じで、
一歩ひいて試合に参加していた
月島ですが、

白鳥沢戦では、
中心選手になっていきます。

コミックス20巻の中で
私が一番好きなシーンは、
5セット目の開始前です。

セッターの菅原さんが
スターティングメンバーで登場します。

身体は暖まっているいるのに、
緊張からか手だけは冷たいまま。

そんな時、冷えた菅原の手に
マネジャーの清水が手を添えます。

こんなことされたら、勘違いして、
襲いかかってしまいますよね。

潔子さんサイコーです。

白鳥沢との決勝戦は、
20巻では終わりませんでしたね。

第5セットは、15点で終わりなので、
21巻で終わりでしょうね。

これから、
体力の消耗戦がはじまります。

気力で戦い続けて
勝ってほしいですね。

週刊少年ジャンプでは

週刊少年ジャンプに連載されている原作では、
準決勝に音駒が梟谷に破れ、

東京都代表の残り1枠をかけて、
3位決定戦が始まります。

戸美学園は
「のへびがくえん」と呼ぶみたいですが、
ヘビなんですかね?

しつこそうな感じです。

ネコ対ヘビの戦いは、
音駒に勝ってもらわないと、
困ります。

春高の全国大会で、
烏野vs音駒が対決しないと、

ハイキュー!!は終わりのない
物語になってしまいます。

全国大会は、いつ始まるんでしょうね。

音駒の全国大会進出が決まって、
また、合宿があって、

それから全国大会という
流れなんでしょう。

まだまだ、先の長いことですね。

アニメも引き続き、
放送されないかな?


スポンサードリンク

 - ハイキュー