中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

次へ(第16話)ハイキュー!条善寺に勝って和久谷南戦が始まる!

   

ハイキュー!セカンドシーズンの
第16話は「次へ」

条善寺戦の後半です。

条善寺高校3年生マネジャーの三咲さんが
メンバーに檄を飛ばします。

3年生のいない条善寺は、
精神的な動揺からペースが乱れ
焦った攻撃が失敗につながります。

そんな時、マネジャーの三咲さんが、
部員たちに檄を飛ばします。


スポンサードリンク

息を吹き返す条善寺に手を焼く
烏野です。

烏野が勝ちますが、
条善寺のこれからの成長が
楽しみです。

この代表決定戦を通して、
烏野はどんどん成長していきます。

条善寺の賑やかな攻撃に翻弄されず、
烏野が安定したプレーが続けられたのは、

主将の澤村の存在が
大きかったのが印象的です。

対和久谷南戦が始まる

宮城県代表決定戦2回戦の相手は、
和久谷南です。

和久谷南は主将がしっかりした
粘り強いチームです。

烏野と主将合戦になりそうな雰囲気です。

和久谷南戦の見どころは、
次回ですね。

主将の澤村がケガで交代します。

代わりに出場した2年生の縁下力が
その力を発揮します。

今まで試合に出場するシーンが無かった
縁下ですが、レギュラーの西谷や田中も
一目置く、2年生の実力者です。

田中のお姉さんの解説では、
田中も西谷も縁下には従うみたいです。

「二年の首領(ドン)」

しかし縁下は、1年生の途中で
辛い練習に耐え切れず逃げてしまったことを
今でも後悔しています。


スポンサードリンク

話の流れ的には次期主将候補です。

その力が和久谷南戦で
試されることになります。

ハイキュー!って、
日向と影山の話だと思って、
読み始めたのですが、

他の選手にもスポットを当て、
話に拡がりが出てきています。

条善寺戦で主将にスポットが当たって、
澤村の役割が重要だという話の流れから、
和久谷南の主将の力強さを引き立てて

主将対決をにおわせた後に、
ケガで澤村を下げて、縁下を出場させる
話の流れがとても巧妙です。

ついついストーリーに
引き込まれてしまいます。

バレーボールのチームプレーや
戦略的なゲーム展開にあわせて、

プレイヤーひとりひとりの
背景に話が及ぶと、
気持ち的にも入り込み方が変わります。

それでも月島が好きになれないのは、
なぜでしょうか?

話が進むほどに菅原の
キャラが崩壊していくのが
今の注目ポイントです。

連載中の原作では

週刊少年ジャンプに連載中の原作では、
烏野が白鳥沢を倒して
宮城県代表に決まりました。

顧問の先生やコーチが忙しくなりそうです。

東京都代表では、
準決勝で音駒と梟谷が対決するみたいです。

東京都代表は2校なので、
音駒と梟谷が決勝で当たれば、
どちらも春高出場なのに、

わざわざ準決勝で対決なんて、
新たなライバル出現が期待されます。

春高で烏野対音駒が実現できるのか
期待が高くなりますね。


スポンサードリンク

 - ハイキュー