中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

青いカフェラテが話題に!どんな味で美味しいの?どこで飲めるの?

   

青い食品シリーズです。

青い食べ物なんて、
食欲が無くなるだけで、

ダイエット食以外に
考えられませんでしたが、
いくつか発見しています。


スポンサードリンク

最初に、青いカレーをご紹介しました。
⇒ ネモフィラカレーはうまいのか?食欲を無くす青色!材料は何?

次は青いワインです。
⇒ 青いワイン(Gik)は美味いのか?味や値段は?販売店について!

そして、今回は、青い「コーヒー」です。

コーヒーなんて黒いもの、という
概念を壊してくれました。

オーストラリアのメルボルンにある
「Matcha Mylkbar」には、

「スマーフラテ(Smurf Latte)」という名前の
青いコーヒーがあるそうです。

確かに青いです。


スポンサードリンク

この青色の正体は、
人工の着色料ではなく、
藻から抽出した天然の色素だそうです。

それに、レモンと生姜リュウゼツラン、
ココナッツミルクが入っているそうです。

味は、甘さに加えレモンの酸味も効いていて、
説明しにくい味と、オーナーが説明しています。

要するに「飲みに来い」ってことですね。

ココナッツミルクの甘さに
生姜が効いて、レモンの酸っぱさが残る、
というのは、想像しにくいですね。

ただ、珍しさだけかと思ったら、
実際に飲んだお客さんから、

美味しかったという評価が
たくさん寄せられているようです。

青色の食品

まだ、飲み物は大丈夫ですね。

かき氷のブルーハワイは青色です

ハロハロとかでも、
青いのがありますが、

特に違和感なく
食べることができます。

青いお皿に料理を盛り付けると、
食欲が抑えられて、
ダイエット良いと聞いたことがあります。

昔、テレビ番組の実験で、
パスタを人工着色料で青色にしたところ、

他のパスタと比べて、
人気がなかったそうです。

元々、天然の食べ物で
青色のものって、見かけません。

それが、青色で食欲が無くなる
理由と言われています。

それにもかかわらず、
わざわざ青いコーヒーを開発するなんて、
チャレンジャーですね。

オーストラリアまで試食しにいく
お金も時間もありませんが、

缶コーヒーにでもして
販売してくれたら、
買うかもしれませんね。

缶コーヒーだと中身がわからないので、
透明のプラスティック容器に入れて、

チルドコーヒーとして
販売してはどうでしょうか?

コンビニの期間限定商品なら、
夏らしい飲み物として、
ウケるかも知れませんね。


スポンサードリンク

 - グルメ