中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

村田沙耶香(芥川賞)が働くコンビニはどこ?バイトを続ける理由!

      2016/07/23

「コンビニ人間」で芥川賞を受賞した
村田沙耶香さんが話題になっています。

現役のコンビニ店員さんで、
週に3日アルバイトを続けているそうです。

芥川賞を受賞した後も、
店長と相談して、
バイトを続けたいそうです。

バイトのある日の方が
執筆が進むので、

編集さんからもバイトを増やすように
言われています、と

テレビのインタビューに
答えていました。

休みの日は、
スイッチが入らないんでしょうね。


スポンサードリンク

コンビニでバイトを
しているといっても、

朝8時から13時までのシフトで、
週に3回なので、

主婦のパートよりも
少ないです。

月に5万円ほどにしか
ならないんじゃないでしょうか?

生活のためにバイトを
しているというよりも、

生活のリズムを保つために、
バイトを続けているような
感じですね。

村田沙耶香さんのプロフィール

村田沙耶香

生年月日は、1979年8月14日(36歳)

出身は、千葉県印西市

出身高校は、二松学舍大学附属柏高等学校のようです。

出身大学は、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース

2003年に「授乳」でデビューし、
第46回群像新人文学賞優秀賞を受賞

2009年に「ギンイロノウタ」で、
第31回野間文芸新人賞を受賞

2013年に
「しろいろの街の、その骨の体温の」で、
第26回三島由紀夫賞を受賞


スポンサードリンク

2014年に「殺人出産」で、
第14回センス・オブ・ジェンダー賞
少子化対策特別賞を受賞

2016年「コンビニ人間」で、
第155回芥川龍之介賞を受賞

芥川賞や直木賞を受賞すると、
作品が注目されて、
ベストセラーになることが多いので、

今年の印税は相当なものでしょうね。

芥川賞の賞金は、
100万円らしいですが、

受賞した広告効果で、
本の出版数が増えて、
印税が増えることが多いようです。

昨年、芥川賞を受賞した
羽田圭介さんは、

昨年末の時点で印税が2200万円と
言って見えました。

「スクラップ・アンド・ビルド」は、
昨年末時点で20万部ぐらい売れたようなので、

1冊あたり110円ぐらいが
印税ということでしょうか?

村田さんの代表作には、
賞を受賞した作品以外に

「消滅世界」もあり、

これから、売れっ子作家さんに
なっていくと思いますので、

相当、印税で稼いでいくんでしょうね。

バイト先のコンビにはどこ?

いろいろ調べているのですが、
確実な情報は見つかりませんでした。

噂では、
東京都千代田区麹町のセブンイレブン
ということです。

ただし、
今でも千葉県印西市在住だとすると、
ちょっと遠いですね。

通うのが大変です。

片道2時間もかけて、
アルバイトの通勤はしないでしょう。

今、住んでいる場所が東京都内なのか、
バイト先が実家の近くなのか、
どちらか、だと思います。

ちなみに、
お父さんは裁判官ということで、
印西市出身とはいえ、

印西市に実家は無いかもしれませんね。

裁判官の方は転勤が多いので、
官舎暮らしの方が多いそうです。


スポンサードリンク

 - 教養