中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

ひよっこ(NHK朝の連続テレビ小説)のヒロインは有村架純!

   

2017年4月に始まる
NHK朝の連続テレビ小説は、

有村架純さんがヒロインに決まりました。

タイトルは「ひよっこ」で、
岡田惠和さんが脚本のオリジナル作品と
なりそうです。


スポンサードリンク

3年前に放送されていた
「あまちゃん」では、

主人公の母親の若い時で
いつも回想シーンで登場していましたが、

次は主役ですね。

あまちゃんの時の
セイコちゃんカットが
めちゃめちゃかわいかったですが、

「ひよっこ」では、
どんな感じの女性を演じるのでしょうか?

まだ少し先の話ですが、
とても楽しみです。

朝の連続テレビ小説は、
欠かさず見ています。

今の「ととねえちゃん」も
しっかりと見ています。

見始めると、欠かせなくなってしまうんですよね。

流れで「あさイチ」まで見ています。

「ひよっこ」のあらすじ

有村架純

有村架純さん演じる
ヒロインは「谷田部みね子」

茨城県北西部のある
大家族の農家に生まれた

おっとり、のんびりした
少女の設定です。

あまり、おっとりした雰囲気でない
有村さんなので、

どのように演じるのか楽しみですね。

みね子は、大きな夢もない少女で、
将来は実家の畑仕事を手伝いながら、

結婚してお嫁さんになれば良いと
思っているようです。

イマドキ、とても貴重な
考え方の女の子だと
思います。

全然、普通じゃないですよね。

みね子が高校3年生の時に、
出稼ぎに行った父親が
行方不明になり、


スポンサードリンク

父親を探すために
上京を決意するそうです。

時代は、東京オリンピックが開催された
1964年から始まるそうです。

ちょっと古い時代モノになると、
どうしても戦争が絡んでしまうので、
観ていて、辛くなる時があります。

ととねえちゃんでは、
ちょうど、戦時中が放送されていて、
観ているのがつらいタイミングです。

父の蒸発を機会に、
自分の殻を破って、
成長してく少女の物語ということですね。

脚本の岡田惠和さんは、
2001年の「ちゅらさん」
2011年の「おひさま」を

担当されたそうです。

「ちゅらさん」は観てなかったですね。

「おひさま」は観ていました。

井上真央が主演でしたね。

めちゃめちゃ可愛かったです。

生徒役に土屋太鳳さんとか
出演されていました。

ヒロインの嫁ぎ先が
お蕎麦屋さんで、

長野っぽくって、
良かったです。

東京オリンピックの時代というと、
高度成長期で

とても日本に活気があった時代です。

私が生まれる前ですが、
噂ではよく聞きます。

そういった時代に生きる女性と、
今の女性との違いがわかるように
演じてくれるといいですね。

有村さんといえば、
ビリギャルの印象が強いのですが、
実際は、どうなんでしょう?

昭和の女性を上手く演じてくれると、
いいですね。

朝のテレビ小説のヒロインをやると、
その後、主役が多くなるので、

視聴率が、とかいわれるようになりますが、
有村さんらしいヒロインを楽しみにしています。

最近は、朝ドラの視聴率がいいので、
プレッシャーかも知れませんね。


スポンサードリンク

 - ドラマ