中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

ノンママ白書(フジ)の主演に鈴木保奈美!オトナの土ドラとは?

   

鈴木保奈美さんが、
18年ぶりに連続ドラマの
主役を務めます。

8月13日にスタートする
フジテレビ系「ノンママ白書」で、

土曜日の午後11時40分から
放送されるので、
「土ドラ」と呼ばれている枠です。


スポンサードリンク

鈴木保奈美さんが演じる
「玲子」は、

子供を持たずに生活する
「ノンママ」になった
アラフィフ女性で、

広告代理店勤務の
バツイチ、49歳です。

独身で子供がいなくても
「ママ」なんですね。

ママの基準がわからなくなります。

男女雇用機会均等法施行後に
入社した世代が

50歳を目前に
管理職に昇進するタイミングです。

松嶋菜々子さんも、
営業部長役で連続ドラマに主演します。

年齢的には、
鈴木保奈美さんよりも
少し下だと思いますが、

世相を反映して、
働く女性が、管理職だったり、

管理職目前でドタバタする
ドラマが増えるかも知れませんね。

「ノンママ白書」には、
他に、玲子の同期社員役で、

高橋克典さんや菊池桃子さんが
出演されるようです。

アラフィフ世代には、
懐かしい人がたくさん出演されますね。

土曜の深夜ドラマとしては、
とても良いキャスティングです。

深夜枠にテレビ番組は、
主婦に人気ですからね。

鈴木保奈美さんといえば

鈴木保奈美

「ノンママ白書」で
18年ぶりに連ドラ主演される
鈴木保奈美さんですが、

トレンディドラマ全盛の頃、
いろいろなドラマに
出演されてみえました。


スポンサードリンク

最もよく覚えているのは、
「カンチ」ってやつですね。

「東京ラブストーリー」です。

主題歌も流行りました。

小田和正さんの
「ラブストーリーは突然に」
です。

「東京ラブストーリー」を観るために、
残業しないで、家に帰った記憶があります。

うちにビデオが無かったんですよね。

あと、私はあまり熱中して
観ていなかったのですが、

「愛という名のもとに」

ですね。

当時、付き合っていた女性が
ハマっていました。

私が気になっていたのは、
主題歌です。

浜田省吾さんの
「悲しみは雪のように」でした。

古い曲だったのですが、
このドラマ用にリメイクされたんですよね。

よく聴きました。

ハマショーさん好きだったんですよね。

懐かしいです。

オトナの土ドラ

フジテレビ系列の
東海テレビが製作するのが
「オトナの土ドラ」です。

東海テレビ製作というと、
「昼ドラ」がイメージされますが、

昼ドラ廃止で、
土曜の深夜枠ドラマの政策を

フジテレビから東海テレビに
移管したため、

2016年4月から
「オトナの土ドラ」として
ドラマ枠が設定されたそうです。

東海テレビ製作の
昼ドラといえば、

「あかんたれ」の
イメージが強いです。

「だーれが泣くかときいたなら」
という主題歌でしたよね。

最近では、「真珠夫人」や
「牡丹と薔薇」のような、

ドロドロした話で
話題を集めていたようです。

サラリーマンだと、
その時間帯にドラマを
観ている訳にはいかなので、

噂程度でしか、
わかりません。

昼ドラの流れを汲む
「オトナの土ドラ」なんですね。

楽しみです。


スポンサードリンク

 - ドラマ