中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

ニホニウム!原子番号113番!日本初の新元素名はいつ決まる?

      2016/06/09

日本が初めて命名権を獲得した
原子番号113番の新元素名について

国際純正・応用化学連合が
名称案を明日(6月9日)公表して、
一般から意見を募ることなりました。

森田浩介

当初は、「ジャポニウム」が
有力と見られていましたが、

名称案を決めた
理化学研究所の
森田浩介グループリーダーが、

「日本で発見されたことが
 分かるようにしたい」と、

日本語に由来する名称を
提案した可能性が高いと
見られるようになりました。


スポンサードリンク

新元素の名称は、
語尾に「イウム」をつけるのが
国際規則です。

さらに、過去に使用した元素名が
使えないという規則もあり、

「ニッポニウム」は使えないそうです。

以上を勘案して、

「ニホニウム」

という名称が浮上しました。

国際純正・応用化学連合が
名称案を6月9日に公表して
一般からの意見を5ヶ月間募集します。

目だった反対意見がなければ、
年内にも正式決定され、
周期表に記載される見通しです。

ニホニウムですか?

外人は、どんな風に
発音するのでしょうね?

あと、元素記号はどうなるのでしょう?

Nhとかですか?

Niはニッケルなんで、
使えませんね。

ジャポニウムなら、
JとはJpが使えるのに・・・。

明日発表される
名称候補が気になります。

元素周期表

周期表って、高校の化学の授業で
見たのが最後ですね。


スポンサードリンク

「スイ、ヘー、リーベ、
 ボクノフネ、・・・」って
暗記したものです。

周期表の元素が増えていくと、
受験生は大変になるのかな?

覚えなければいけない
元素記号が増えると、

化学が苦手な子が
増えてしまうかも知れません。

逆に、今回の命名権獲得で、
注目を浴びれば、
化学を好きな子が増えるかも知れませんね。

高校卒業してから、
子供が科学に興味を持つように
どうしたらいいか考えて、

ニュートンの別冊みたいなもので、
周期表が発売されていたので、
買おうか、悩んだことがあります。

あと、名古屋市科学館で、
周期表にちなんだ、
鉱物が展示してあって、

面白そうだなぁ、と
眺めていました。

リチウムイオン電池の
リチウムが何かとか

展示してあって、
結構、楽しいですよ。

意識しないだけで、
意外と身近にあるんですよね。

そんな周期表ですが、
118番までだと、

元素名が決まっていないのは、
113番の他に、

115番、117番、
118番、です。

115番と117番、118番は、
ロシアとアメリカの共同研究チームが
命名権を獲得しています。

理化学研究所では、
119番以降の元素について
存在を証明していく計画のようです。

周期表は、どこまで
広がっていくのでしょうね?

化学が進めば、
新しい元素も作り出せる
かも知れませんが、

それが、どんな風に
世の中の役に立つのか、
そちらの方が興味あります。


スポンサードリンク

 - 報道