中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

芳山未羽(よしやまみはね)って誰?時かけ原作の和子との関係は?

   

1965年に原作が発表された
筒井康隆さんの「時をかける少女」が

7月から連続ドラマとして
実写化されることが発表されました。

黒島結菜

主演は、芳山未羽役で
黒島結菜(くろしまゆいな)さんです。


スポンサードリンク

黒島さんは、
今回が連続ドラマ初主演です。

「ごめんね青春」に
出演していましたよね。

めちゃめちゃ覚えています。

黒島結菜ごめんね

あの中井貴子さんが、
ついにドラマで主演なんですね。

ちょっと感激です。

そして、深町翔平(ふかまちしょうへい)
未来人ケン・ソゴル役で

Sexy Zoneの菊池風磨さんです。

時をかける少女の主人公

原作の「時をかける少女」の主人公は、
中学3年生の「芳山和子」です。

1983年に公開された
大林宣彦監督の映画では、

原田知世さんが
主人公を演じました。

1994年に放送された
テレビドラマでは、

内田有紀さんが、
主人公を演じました。

1997年に公開された
角川春樹監督の映画では、

中本奈奈さんが
主演でした。


スポンサードリンク

2006年に公開された
細田守監督のアニメ映画では、

芳山和子の姪という設定で
主人公は「紺野真琴」でした。

紺野真琴の声は、
仲里依紗さんが担当しました。

2010年に公開された
谷口正晃監督の映画では、

芳山和子の娘という設定で、
主人公は「芳山あかり」でした。

芳山あかり役は、
仲里依紗さんが演じました。

2015年に上演された
舞台版では、

芳山和子の姪という設定で
主人公は「尾道マナツ」でした。

尾道マナツ役は、
木村玲衣さんが演じました。

そして、今年放送される
テレビドラマでは、

主人公は、
「芳山未羽(よしやまみはね)」で
黒島結菜さんが演じます。

2016年のテレビドラマ版は

7月から始まる土曜ドラマの
時をかける少女は、

芳山未羽が主人公です。

芳山和子が名前を変えただけか、
それとも、別の人なのか、
わかりません。

映画で、芳山和子の娘や
姪を出してきただけに、
今回は、孫でもアリですね。

2016年版の最大の特徴は、
未来からやってきた

ケン・ソゴルからの視点でも、
物語が描かれていることです。

主人公が2人になるんですかね。

番組のホームページには、

「時をかける」少女と少年

そして「淡い恋」と「暑すぎる夏」

この夏、

誰もがあの日経験した

青春のもどかしさと切なさが蘇る

と書かれていました。

「時をかける少女」を
知らない人は
ほとんどいないと思いますが、

世代によって、
知っている物語が違うのは、
面白いですね。

2016年版のテレビドラマが
放送されることで、

さらにファンの年齢層が
ひろがりそうですね。

放送が始まるのが楽しみです。


スポンサードリンク

 - ドラマ