中年おやじのテレビな毎日

テレビ好きな中年おやじが独自の視点でつぶやきます!日々の芸能ニュースからドラマまで気になる情報をチェック!

毛包の大量作製の実験に成功!実用化はいつ?移植方法や費用は?

   

薄毛の方に朗報です!

横浜国立大学の
福田淳二准教授らのグループが

毛包を人工的に大量に作製する
実験に成功しました!


スポンサードリンク

福田准教授らのグループでは、
マウスの胎児から毛包を

形づくる2種類の細胞を取り出し
シャーレの中で培養しました。

実験で使用したシャーレには
酸素をよく通すようにした
300個以上の小さな穴があるそうです。

すると、穴の中で2種類の細胞が
事前に分かれて、実際の体内と
同じように毛包が形成されたそうです。

毛包の養殖技術が確立されたような
感じですね。

シャーレで培養された毛包を
マウスの背中に移植したところ

長さ1センチほどの
黒い毛が生えてきて

毛が生え替わるサイクルも
確認できたそうです。

今回のマウス実験の成果をふまえ、
今後は脱毛症などの治療に
使えるように研究を進めるそうです。

福田准教授は、
3年程度で人の細胞を
使った実験を進め、

10年後をめどに治療として
成り立つようにしたいそうです。

10年後ですね。

私も年齢的に
ちょうど利用した時です。

移植が必要ということは、
手術になるんですね。

保険は適用されるでしょうか?

費用はどれぐらいかかるのか
気になるところです。

毛包について

毛包

毛包(もうほう)は
髪の毛を作り出す器官で


スポンサードリンク

一般的には毛穴(けあな)と
呼ばれています。

人の肌には、
1平方センチメートルに
少なくても20個はあるそうです。

毛包の構造は、
毛乳頭、毛母体、毛根鞘、毛線維、

毛隆起、立毛筋、皮脂腺、毛包漏斗部、
汗腺などのその他の部分となっています。

毛乳頭は育毛剤のCMなどで
耳にしますね。

毛穴に皮脂が溜まって、
毛穴を塞ぐと薄毛になると
言われていますが、

毛穴自体が増えれば、
髪の毛がフサフサになる
ことでしょう。

とても期待が持てる実験ですね。

植毛の費用

毛包の移植手術は
今でも行われています。

費用的には
移植の範囲によるみたいですが、
100万円以上かかるそうです。

保険は、適用されません。

自分の毛根を株分けして
植毛する方法があるそうです。

もしくは、毛包が密集している箇所から
薄い場所に移植したりするようです。

毛包の移植技術自体は、
ある程度確立されているようなので、

あとは、毛包が人工的に
作製できるようになれば、
植毛が飛躍的に普及しそうですね。

10年後ですか。

楽しみですね。

植毛するにしても、
まずはお金ですね。

老後の資金よりも、
薄毛対策のために
お金を貯めようと思います。

100万円では心配なので、
300万円ほどあれば
大丈夫でしょうか?

300万円かぁ。

自動車が1台買えますね。

60歳を過ぎた自分は、
髪の毛か、自動車か、
どちらを選択するのでしょうね。

それも、楽しみです。


スポンサードリンク

 - 健康